気候変動によって起きるゲリラ豪雨への予防策。日々の備えで忘れてはいけない3選。

ゲリラ豪雨
Screenshot
最近のゲリラ豪雨は、日本各地以前ではあり得ない被害をもたらしています。

いつ自分たちが巻き込まれるか分からない中、できる準備はしておきたいですよね!?

このブログであなたへお伝えできることは、

・ゲリラ豪雨に対して持つべき最低限の知識

・いざゲリラ豪雨が発生した時の対処法

・避難グッズ等持っておくと便利なアイテムの紹介

ご年配の方を中心に不安な気持ちの方も多くいるかと思われます。皆様のお役に立てる事を願っています。

ゲリラ豪雨とは

ゲリラ豪雨は、急激に発生し、短時間で大量の雨を降らせる局地的な豪雨現象です。主に夏季に発生しやすく、都市部や山間部で特に顕著です。この現象は、大気の不安定さや高湿度、強い日射などの条件が揃うことで発生します。具体的には、温かく湿った空気が急速に上昇し、冷やされることで積乱雲が急速に発達し、その結果として激しい降雨が生じます。

ゲリラ豪雨の影響は多岐にわたります。都市部では、排水システムが一時的に大量の水を処理しきれず、道路の冠水や地下鉄の浸水、交通の混乱を引き起こします。また、急激な増水により河川が氾濫し、住宅地や農地に被害をもたらすこともあります。特に高齢者や子供など、移動が困難な人々にとっては生命の危険も伴います。

近年の気候変動の影響もあり、ゲリラ豪雨の発生頻度は増加傾向にあります。そのため、事前の対策や早期警戒システムの整備が急務となっています。気象庁や自治体は、リアルタイムでの気象情報提供や避難指示の発令に努めており、住民もまた日頃からの防災意識を高めることが求められています。具体的な対策としては、排水設備の点検強化、避難経路の確認、防災グッズの準備などが挙げられます。

ゲリラ豪雨は一時的な自然現象であるものの、その影響は大きく、事前の準備と迅速な対応が被害を最小限に抑えるために重要です。


ゲリラ豪雨が多発している要因

近年、ゲリラ豪雨が多発している要因はいくつか挙げられます。

1. 気候変動

地球温暖化に伴い、地球の平均気温は上昇しています。温暖な大気はより多くの水蒸気を保持する能力があり、これが大気の不安定性を高める要因となっています。特に夏季においては、日中の強い日射によって地表が加熱され、温かく湿った空気が急速に上昇します。この過程で急激に冷やされた空気が積乱雲を形成し、短時間で大量の雨を降らせる現象が増加しています。また、気候変動はジェット気流や海洋循環などの大規模な気象パターンにも影響を与え、特定地域での異常気象の頻度や強度を変動させることがあります。このような気候変動の影響により、ゲリラ豪雨の発生頻度が増加し、その強度も増す傾向にあります。したがって、気候変動はゲリラ豪雨の発生を促進する主要な要因の一つとされています。

2. 都市化

都市化の進行により、地表がコンクリートやアスファルトで覆われる割合が増加しています。これにより、地表からの熱放射が増え、都市部の気温が周囲の農村部よりも高くなるヒートアイランド現象が発生します。この現象は、都市部での局地的な大気の不安定化を引き起こし、積乱雲の形成を促進します。また、都市部の排水システムは一度に大量の雨水を処理しきれないことが多く、これが冠水や洪水の原因となります。さらに、都市部では建物や道路などの人工構造物が風の流れを遮り、局地的な対流活動を一層強化します。これらの要因が組み合わさり、都市化がゲリラ豪雨の発生を助長しています。そのため、都市計画には防災対策や排水設備の整備が不可欠となります。

 3. 局地的な気象パターンの変化

近年、大気の循環パターンの変化が、特定の地域での降雨パターンに影響を及ぼしています。ジェット気流の変動や海洋温度の変化がその一例です。例えば、エルニーニョやラニーニャ現象は、太平洋の海水温度が変動することで大気の循環パターンを変え、降雨の量や場所に大きな影響を与えます。これにより、従来の降雨パターンが変化し、一部の地域での局地的な豪雨が増加しています。また、気候変動に伴う海面温度の上昇も、気象パターンの変化を促進しています。これらの変化は、局地的な気象現象を一層不安定にし、短時間で激しい降雨をもたらすゲリラ豪雨の発生を増加させる要因となっています。したがって、気象パターンの変化はゲリラ豪雨の頻発に寄与する重要な要素となっています。

ゲリラ豪雨が引き起こす被害

ゲリラ豪雨が発生すると、さまざまな被害が生じます。まず、都市部では短時間で大量の雨が降るため、排水システムが対応しきれずに道路が冠水します。これにより、交通機関が麻痺し、通勤・通学に大きな影響を与えます。特に地下鉄や地下道の浸水は、人的被害を引き起こす危険性が高く、迅速な避難が必要となります。

次に、住宅地や商業地域においては、浸水被害が発生します。低地にある建物や地下室は特に危険で、家財や商品が水に浸かることで経済的な損失が大きくなります。さらに、電気設備の浸水は火災のリスクを高め、停電が発生することもあります。これにより、生活インフラが寸断され、住民の生活に大きな支障が出ることが考えられます。

また、河川の急激な増水や氾濫も深刻な問題です。河川の氾濫は周辺の住宅や農地を浸水させ、農作物の被害や土壌の流失を引き起こします。農業への影響は長期的なものであり、食料供給や地域経済に悪影響を及ぼします。加えて、土砂崩れや地滑りなどの二次災害も誘発されることがあり、山間部や斜面に住む人々にとっては特に危険です。

人的被害についても無視できません。急激な増水や冠水によって避難が遅れると、溺水や流される危険が高まります。特に高齢者や子供など、移動が困難な人々は命の危険にさらされることがあります。これにより、地域社会全体での防災意識の向上と、迅速な避難体制の整備が求められます。

以上のように、ゲリラ豪雨は都市部、農村部問わず広範囲にわたって深刻な被害をもたらします。防災対策の強化や早期警報システムの整備、住民の防災意識の向上が被害を最小限に抑えるために重要です。

極端な気象パターンが与える影響

ゲリラ豪雨の多発の一方で、以前のように降雨が頻発していない事も巷では言われています。所謂地面が乾燥し切った状態に急激な雨水が流れ込むことによる被害の甚大さと言えるでしょうか。では、このような過去のデータでは測れない気象状況に関して調査をしてみることにします。

洪水と浸水被害

ゲリラ豪雨が引き起こす洪水と浸水被害は、都市部や農村部に深刻な影響をもたらします。都市部では、短時間で大量の雨が降るため、排水システムが対応しきれずに道路が冠水し、交通機関の麻痺や通行不能が発生します。また、地下鉄や地下道の浸水は、避難が遅れることで人的被害を引き起こす危険性が高くなります。住宅地や商業地域でも浸水被害が広がり、低地にある建物や地下室は特に被害を受けやすく、家財や商品が水に浸かることで大きな経済的損失を招きます。

一方、農村部では、河川の急激な増水や氾濫が農地や住宅地を浸水させます。これにより、農作物の被害や土壌の流失が発生し、農業経済に長期的な悪影響を及ぼします。さらに、洪水は道路や橋梁などのインフラを破壊し、地域の交通網を寸断することで、緊急支援や復旧作業の遅れを引き起こします。

洪水と浸水被害を防ぐためには、都市計画やインフラ整備が重要です。具体的には、排水設備の強化や河川の治水対策、適切な土地利用計画が求められます。また、住民への防災教育や避難計画の策定を通じて、災害発生時の迅速な対応が可能となるよう備えることが重要です。

土砂災害

ゲリラ豪雨による土砂災害は、山間部や斜面地域に深刻な被害をもたらします。特に、豪雨によって急激に地面が水を含むと、地盤が不安定になりやすく、土砂崩れや地滑りが発生しやすくなります。これらの災害は、家屋やインフラを直撃し、人命に重大な危険を及ぼします。特に夜間に発生した場合、避難が遅れることが多く、被害が拡大する傾向があります。

土砂災害の主な原因は、豪雨による地盤の急激な飽和です。長期間の乾燥後に一気に大量の雨が降ると、地面が水を吸収しきれずに表層が滑りやすくなります。これにより、山腹や斜面での崩壊が誘発され、土石流や崩壊が集落や道路を襲います。また、森林の伐採や過剰な開発活動も、地盤の保水力を低下させ、土砂災害のリスクを高めます。

対策としては、予防と緊急対応の両面が重要です。まず、危険箇所のハザードマップを作成し、住民に周知することで、早期の避難行動を促すことができます。また、斜面の安定化工事や砂防ダムの設置、植生の回復など、物理的な防災対策も不可欠です。さらに、気象予報の精度向上やリアルタイムの監視システムを活用し、豪雨時の迅速な情報提供と警戒態勢を整えることが求められます。

住民自身も、日頃から避難経路の確認や防災訓練に参加することで、土砂災害への備えを強化し、被害を最小限に抑える努力が必要です。

それではここからは対策と備えに関して述べていきたいと思います。地震と違って雨風は事前にある程度予測することができる分、私たちも準備をすることが出来ると思います。


1週間以内の天気を常にチェックする習慣をつける。

とてもシンプルですが、これをするだけでも悪天候の大半を注意することができると思います。確かにアプリの精度の高低はあって、晴れ予報だったのに雨が降ったり、その逆が起きたりと期待外れになることはままあります。ただ、「備えあって憂いなし。」結果的に大雨も大したことがなくて良かったね、で済めばそれに越したことはないと個人的には思います。

さて、天気予報のアプリ、サイトに関してですが、1つオススメしたいのがこちらになります。

GPV気象予報

GPV(Global Positioning System-aided Precipitable Water Vapor)は、GPSを利用して大気中の可降水量(水蒸気量)を測定する技術です。気象予報において重要な役割を果たし、特にゲリラ豪雨の予測精度向上に寄与しています。

GPVは、GPS衛星から地上の受信機に送られる電波が大気中の水蒸気によって遅延する現象を利用します。この遅延時間を解析することで、大気中の水蒸気量を高精度で計測できます。多数の受信機を配置することで、広範囲かつリアルタイムに大気中の水蒸気分布を把握できます。

GPVデータは、気象予報モデルに組み込まれ、降水量の予測精度を高めます。特に、日本のような地理的条件の下では、局地的な豪雨の発生予測に大いに役立ちます。従来の観測手法に比べて、GPVは迅速かつ高精度なデータ提供が可能であり、ゲリラ豪雨や台風などの異常気象への迅速な対応を支援します。

GPV技術は、気象観測と予報の革新に貢献しており、特に急激な気象変動への対策として重要です。これにより、災害リスクの低減と迅速な防災対策が可能となります。

スーパーコンピュータを駆使して3日先までの気象状況を時間単位で確認することができるサイトです。私は現在島に住んでいて船の運行状況を気にする必要がある事もあり、重宝しています。ウェザーニュースやヤフー天気でも勿論十分ではあるかもしれませんが、より正確で詳細なデータが必要な時には役立つサイトであると思います。

3日間〜の備蓄水、食料を保管しておく。

災害時に必要な飲食物の備蓄は、最低でも3日分が理想とされています。しかし、近年の大規模災害の経験から、1週間分の備蓄を推奨する自治体も増えています。これにより、ライフラインが復旧するまでの間、安心して過ごせる備えが可能となります。

飲料水

1人当たり1日3リットルを目安に準備します。これは飲用だけでなく、調理や衛生用も含めた量です。例えば、家族4人の場合、3日分で36リットル、1週間分で84リットルが必要となります。

食品

長期保存が可能な食品を選びます。缶詰、レトルト食品、乾パン、インスタントラーメン、フリーズドライ食品などが適しています。これらは調理が簡単で、栄養バランスを考慮して選ぶことが大切です。また、普段から食べ慣れているものを備蓄することで、災害時のストレスを軽減できます。

乳幼児がいる家庭では、粉ミルクやベビーフードを多めに備蓄します。高齢者や持病がある人には、特定の医療用食品や薬も必要です。

3日分から1週間分の飲食物を備蓄し、定期的に消費と補充を行うことで、災害時にも安心して対応できる体制を整えましょう。



ポータブル電源は一家に1台がマスト!

ポータブル電源、皆さんお持ちの方も多いかもしれません。私のようにアウトドア車中泊をする人間にとっては必需品です。パソコン、スマホ、時にはミニ冷蔵庫や電気毛布レベルでも対応してくれるのでなんなら家より快適な暮らしをすることができます。様々種類はありますが、以下のポイントで比較検討してみると良いかと思います。

ポータブル電源を選ぶ際のポイントを以下の3つにまとめます:

1. 容量と出力の適合性

使用目的に応じて適切な容量と出力を選ぶことが重要です。容量が大きければ大容量の電子機器を長時間動かせますが、ポータビリティには制限が出てきます。出力も、充電したり、同時に接続できる機器の量に応じて考慮してください。

2. 入出力ポートの種類と数

様々なデバイスとの互換性を確保するために、ポータブル電源が提供するUSBポート、ACコンセント、DC出力などの種類と数を確認しましょう。例えば、AC電源が必要な機器にはAC出力があるかどうかが重要です。

3. サイズと重量

ポータブル電源の主な利点は携帯性ですので、サイズと重量も重要な要素です。特に旅行やアウトドアでの使用を考える場合、軽量でコンパクトなモデルを選ぶことが便利です。ちなみに私が持っているのは以下のタイプですが、今年で買って4年目ですが、全く衰えることなく急速充電をしてくれるまさに相棒になっています。

4. 値段

最後にやはり、値段です。言うまでもなくスペックが高ければ値段も高くなりますが、果たしてそこまで必要なのか、という話になるかと思います。Amazonのページでもここまで違いがあります。1万円台から15万弱まで価格差があると、混乱してしまって買う気すら無くなってしまいそうです汗。最初に述べたように、ご自身の使う用途とスペックと値段を総合して判断するのが良いのかと思います。

Screenshot

まとめ

地球温暖化による影響が深刻化する中で、特にゲリラ豪雨に対する適応策として注目される技術や施策がいくつかあります。

まず、GPV(地域気象予報)システムは、高解像度の気象データを基にした地域ごとの正確な気象予測を可能にします。これにより、ゲリラ豪雨が発生する可能性が高い地域において、事前に警戒を呼びかけることができ、被害を最小限に抑えることが期待されています。また、GPVは災害対応や避難計画の策定にも役立ちます。

さらに、食料供給の安定性を確保するために、気象変動に強い新たな作物品種の開発が進められています。耐旱性や高温耐性を持つ作物が求められ、これにより気候変動による影響を最小限に抑えることができます。

ポータブル電源技術も重要な役割を果たします。災害時には停電やインフラの破壊が多く見られるため、電力供給の維持が喫緊の課題です。太陽光発電や風力発電を活用したポータブル電源装置は、緊急時において必要な電力を供給し、生活基盤の維持や通信機能の確保に寄与します。

今後も気候変動の進展に伴い、これらのメカニズムがどのように複雑に絡み合ってゲリラ豪雨を引き起こすかについての理解が深まることが求められます。その上で、適切な対策や防災策の展開が必要です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました